HOME   »  幸福実現党
Category | 幸福実現党

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒原発

この国は、働くところがなくなってもいい人が多いらしい。

このままいくと、まず、鉄鋼(電炉)メーカーが真っ先に日本からなくなり、
電力をたくさん使う金属系の工場がなくなっていく。

値上げ前でも、日本は、韓国やアメリカの数倍の電気料金。
それを数々の経営効率化で耐えてきていたが、今回の電力料金の値上げで、もう耐え切れなくなっている。

このままだと、電気料金はどんどん値上がりし、そして、製造業の工場は、コスト負担に耐え切れず日本からいなくなる。

原発なくして、同時に働くところもなくなる。
ついでに日本もなくなる。


こんな未来を、皆望んでいるんですかね?
本当に知らないということは情けないこと。

原発の重要性を訴えているのは幸福実現党だけ。
責任のある政策を訴えている政党を選択してほしいものです。








スポンサーサイト

公開霊言 天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか

一読して、面白かったので、感想を書いてみようと思います。

いろいろと日本の政治家の手法を分析しています。この本の分析に従うなら、日本の政治というのは、一昔前の日本の企業のマネジメントスタイルと同じですね。

こんな手法でものごとを決めているトップがいる企業は、グローバル化した現在では、すぐつぶれてしまうでしょう。

まわりの変化が見えてから、やっと動き出す。。まわりの変化が誰もがわかるようになって問題が起きたら動き出す。こんなことをしていたら、変化への対応策を準備しているうちに、収益は悪化し、つぶれてしまいます。

いかに、日本の政治というのが、ガラパゴス状態になっているかこの本を読むとわかりますね。
また、政治と癒着しているマスコミや官僚も同じです。
考え方が利己的で小さすぎる。。

これでは、日本を取り巻く世界の環境の変化や、日本国内の変化にうまく適応出来るわけがありません。
日本自体がつぶれてなくなってしまうでしょう。

政治も一刻も早く改革しなければなりません。



「『財務省のスピリチュアル診断』―増税論は正義かそれとも悪徳か―」

拝聴してきました。

財務省にもついに、’ステルス巡航ミサイル’が発射されました。

野田貧乏神政権を操っていたのは、大貧乏神でした。
しかも、総裁は腕をクロスしていたので、下の方からやってきたのでしょうか。

しかし、この内容は、マスコミは取り上げたくて仕方がないに違いない。
報道管制が解かれる日も近いかも。

そう感じるのは私だけでしょうか?


今年は

様々な分野での、今までの延長線上にある固定概念、評価軸が変わらないといけないと思います。

政治

経済

教育

全て、今までの延長線上でやってきているので、外部環境の変化に適応できず行き詰っていますね。

現状のまま、日本を取り巻く環境が変化せず、日本の内部環境も変化せず、今のやり方でやっていけばいいと思っている人が大部分だと思いますが、それは間違っています。

政治家を選ぶ評価軸は、政党やその人の過去の実績?、いままで投票してきたから?

年金制度を維持するためには、増税が必要?消費税増税したら、税金が増える?

外国が攻めてくることはない?日米安保は永遠に続く?アメリカはこれからもずっと日本を守ってくれるのか?

宗教は必要ないのか? 
 死んであの世があったらどうするのか? 唯物論が蔓延して、倫理観、道徳観が衰退して世の中が混乱してきたらどうしていくのか?

宇宙人が本当にいたらどうするのか?

自分が、今この選択は正しいと考えていても、それは、ある評価基準のもとで、選択肢を比較して選んでいるだけのこと。たぶん、いままでこうしてきて何も問題がなかったという理由でその評価基準が正しいと考えているだけなのでしょうけれども。。

環境が変われば、評価軸を変えなければならない、そうなれば選択肢も変わり、選択するものも変わります。
環境が変わっても、今までの評価軸を変え、やり方や、行動等変えなければ、滅んでしまうでしょう。

世界は、今急速に変わりつつあります。
その中で生き残っていくためには、外部環境の変化に適応した正しい評価軸に変えることが必要ではないでしょうか。

いろんなことが、今年も起こってくるでしょう。

評価軸を変えよ。
そうしなければ、どんなに頑張っても、どんどん悲惨な状態になっていく。
それに早く気付かなければならないのではないでしょうか。

まあ、一番気付かねばならないのは、首相ですね(笑)。いままでの延長線上でしか考えられない、自分たちの事しか考えていない人たちから、一生懸命意見を聴いて、正しいことをやっているつもりなのでしょう。

会社であればその会社が倒産しておしまいですが(それでもその会社に関係している人たちは大変な状況になる)、首相が間違った事を一生懸命やると、国が滅びます。

今の首相は、不滅の法を読んで考えを改めてほしいのですが、もう、考えを変える様子もないようなので、早く辞めさせるよう幸福実現党に頑張っていただきたいものです。










3つの視点

TPPの参加でいろいろ議論があるようですが、今日本が置かれている状況を考えてみる必要があると思います。

1.勢力均衡(バランスオブパワー)
中国は、軍事費を大幅に増やしており、空母の配備やステルス戦闘機の開発、尖閣諸島、南シナ海での示威行動等、覇権主義的な行動は、まさに周辺国を取り込み、自らの影響下に置こうとしている意図があると言うことです。

これに対抗するには、日米同盟維持、強化による勢力均衡を図る必要があります。また、近い将来、憲法9条の適用国からの中国、北朝鮮の除外、そして9条の改正が絶対必要です。
しかし、民主党政権になってから、沖縄の普天間基地問題のように、日米同盟を弱体化、さらには、やめたいのかというような政治的な動きが続いてきました。

2.アジアでの自由で民主的な秩序の構築
クラウゼビッツが述べているように「戦争は他の手段による政治の継続である」ならば、戦争に至る前に、また、軍事増強以外にやるべきことはたくさんあります。

カントは、平和の条件として、共和制を上げています。国内の体制が共和制(今でいう民主制)になれば、戦争による犠牲を嫌う国民の声が外交に反映されやすいため、外交がより強調的、平和的になるとカントは考えたのです。

そうであれば、まずは人権や経済などでアジアで自由主義的な秩序を形成し、外部から圧力をかけていく必要があるのではないでしょうか?
TPPはそのような手段の一つです。TPPが成功し、魅力的なレジーム(国際規範)になれば、アジアの中で参加する国は増え、中国もTPPで決まった規範に従わざるを得なくなってくるでしょう。
経済的に中国に外圧をかけることが出来るはずです。

3.アイデア(思想)による国際構造の変革
米ソの冷戦が終わったのは、ソ連のトップの考えが、アメリカとの軍事対決から、国内の経済改革に重点を置くことに変わったためと言われています。ゴルバチョフが出てきて、ソ連の重要な課題が経済改革(ペレストロイカ)に変わったためです。

さすれば、中国にも思想的なアプローチを投げかけ、内部から変革するようなアプローチをしなければならない。

これも、中国のトップの考えが変われば出来ることです、覇権主義を捨て、国民の幸福を考える政策に転換する、そのように視点が変われば、軍事力を増強する必要もなく、軍事費は、国民を豊かにするためのインフラ整備に使わざるを得なくなるでしょう。
周辺国への脅威はなくなるでしょう。

で、なにが言いたかったか。。。
以上のような分析に立てば、TPP参加は反対できないはず。
いろいろマスコミなどで指摘されている問題は、安全保障の観点からみれば、細かい問題です。

で、もっと言いたいことは、

1.2に対しては、政党を作り、その政策として訴えている。
3に対しては、アジアでの伝道活動を進め、思想的に中国に揺さぶりをかけている。

そのようなアプローチをしているのは、日本の幸福の科学だけです。
徳ある人がリーダーになり、才能のある人がリーダーの下、その才能を世の中のために使う、そして善良な人々が幸福に暮らす。そのようなユートピアランドの価値観が浸透していけば、今のアジア、そして世界の構造が変わると思いませんか?
私はそうなる未来を信じています。





内閣不信任決議案否決

内閣不信任案は否決されましたね。

しかし、民主党は大きく揺さぶられました。
もう少しのところまで追い詰めることができました。
無能な首相へも矢が刺さりましたね。
まあ、ウソかもしれませんが、辞めるといわせることができました。
震災対策がうまくいけば早く辞めないといけないので、ますます何もできません。

幸福実現党の「菅首相退陣を求めるデモ」
こんなにも早く政局に影響を与えるとは、デモ参加した人も予想できていなかったのではないでしょうか?
見えないところで大きな力が働いていた。
そう考えて当然でしょう。。


5月22日「菅首相退陣を求める広島デモ」

「菅首相退陣を求める広島デモ」に参加してきました。

「原発は必要だ!」「菅首相退陣!」などのデモは、広島では初めてではなかったでしょうか。
デモの終着は原爆ドーム前でした。
これは画期的なことだと思います。

御存じの方も多いと思いますが、原爆ドームがある平和祈念公園の、原爆死没者慰霊碑の石室前面には、
「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と刻まれています。

良く見るとこの日本語は変じゃないでしょうか?

かつて、バール判事が、この慰霊碑を訪れた際、原爆を落としたのは日本人じゃない。日本人が日本人に謝罪している。と指摘しました。

主語が良くわからん。一応人類全体と言うことになっているということですが。
原爆を落としたのは、米国であり、彼らの責任でしょう。中東の人や、アフリカの人や、南米の人に責任はありますか?

広島の平和運動は、原爆の悲惨さのみ訴えていますが、世界に対しては説得力もないことは明らかです。
ヨーロッパに出かけて、悲惨さを訴えても、「そんなことはわかっている。あなた方の平和運動はわれわれの平和運動とどのように違うのか?」
中東に出かけて、悲惨さを訴えても、「我々も戦争でたくさん死んでいる。原爆で死ぬのとどう違うのか?」
これらの疑問に答えることができないままに終わっています。

そもそも、世界の紛争の原因は、宗教対立にあるわけで、どちらが正しいか争っているわけです。
原爆について、何が正しくて、なにが間違っているのか説明できない時点で世界に対して説得力ゼロです。


元市長の平岡氏は、アジア大会を広島でどうしてもやりたかったようで、悲惨さを訴えるだけでは通用しないことから、特定のアジアの国の支持を得ようとして8月6日の平和宣言でアジア諸国に謝罪しました。
この時点で、広島の平和運動は、自虐史観をベースにしていると宣言されたわけです。
さらに、平和運動の柱の一つが平和教育です。すなわち、広島では、小学生から大学生まで平和教育のプログラムを数多く用意し、取り組んでいますが、その根底に流れているのは自虐史観ですね。

日本が悪くて落とされたなら、自業自得じゃないのか?
結局、何をやろうが、碑文に刻まれている文字を変えない限り、世界に通用する平和運動にはならないと思います。

何が正しくて何が間違っているのか。
なぜ宗教間で対立があるのか。そして戦争ばかりしているのか。
その答えを世界の人は求めていると思います。

民族間の考え方の違い、そのベースとなっている宗教の違いも根源は一つ。
根源から出ている教えを理解することで、立場の違いを理解し、違いを乗り越え一つになることはできるはず。

これらのことを強く訴えることのできる平和運動に変えたい。

広島に住む幸福の科学の会員として、強く願っていることです。

世界皇帝をめざす男

新型マルクス主義で世界を征服する。
黄色人種は全て支配下に入ってもらう。
アフリカも同じく支配下に。
言語は一つでよい。
体制維持に邪魔なものは認めない。

強大な軍事力をバックにした、唯物的な世界観。これを実現しようとしているわけです。

たぶん、大部分の人は、気づいていないでしょうが、もうすぐ、
①唯物論
②反対の価値観(幸福の科学)
の選択を迫られる時がくるでしょうね。

①を選択した場合、上述の大中華帝国の思想を越える考え方はないわけですから、日本は滅び、大中華帝国の支配下に、
②を選択した場合は、生き延びることができるし、大中華帝国から、アジア、アフリカの人々を救うことができると思います。
唯物論と対極にある世界観を示すことができているのは、幸福の科学だけです。

別に幸福の科学の信者にならなくても、幸福実現党に票を入れることはできるわけですから、選択肢としてはハードルは低いはずです。

国民の皆さんが、これから誤った選択をしないよう祈るばかりです。

この本を読んでみるべきでしょうね。







あまりお変わりになっていなかった

仙谷由人官房長官は29日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、中国側が船長の釈放を求めて態度をエスカレートさせてきたことについて、「20年前ならいざ知らず、(中国は)司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と述べ、自身の見通しの甘さを反省した。

 仙谷氏は13日に船長以外の乗組員14人と漁船を中国に帰還させる際、「違った状況が開けてくるのではないか」と中国の姿勢の軟化に期待感を示していたが、実際には逆に中国は一層、態度を硬化させた。

 仙谷氏は29日の会見でこの発言について、「領事面接の便宜取り計らいや14人の世話を通じた報告で中国側も理解してくれるだろうと判断していた」と釈明。その上で「司法過程についての理解がまったく(日本と中国で)異なることを、もう少しわれわれが習熟すべきだった」と語った。産経新聞 9月29日(水)
----------------------------------------------------------------
「20年前ならいざ知らず、(中国は)司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」

->なんで敬語なのか?それに中国に対しての認識が??共産主義の国ですよ。。


「司法過程についての理解がまったく(日本と中国で)異なることを、もう少しわれわれが習熟すべきだった」
->なんで司法の理解の問題なのか?安全保障の問題だろう。それになぜ中国が日本の司法を理解しなければならないのか?彼の頭の中ではすでに中国は同盟国になっているらしい。
われわれが習熟?->あなただけですよ。

本気でこの人は、こんなことを思っているのか?自分のポジション・責任を理解した上での発言とは思えない。
ひょっとして、筋金入りのバカですか。。
あいた口がふさがりません。

管もダメだが、仙石もそれ以上にダメ。日本のツートップがこのありさまでは、本当に情けない。
日本のために、早くふたりともやめてほしい。


沖縄・尖閣諸島沖の日本領海内での中国漁船衝突事件

この問題の政府の対応にはあきれました。
安全保障上の問題を一生懸命地検の問題にすり替えようとしている。船長を釈放したらまるく収まると考えているとしたら、世界から見たら小学生位の知能しかないように思われても仕方がない。また、中国河北省石家荘市で日本人4人が拘束された事件もこれで解決と思っていたらしい。
新聞等の報道では、「大人の対応をした」との政府関係者のコメントがあったが、本当に大笑いです。それこそまさに、幼稚な対応でしょう。

しかも、なんら中国に対して、メッセージを遅れていない。

やるべきことはたくさんあるでしょう。直接的な抗議が中国様が怖くてできないのならアーミテージ氏の言うような間接的な方法もあると思う。

中国を揺さぶる策はいくらでもあると思います。

JAXAを訪問する。宇宙開発に本格的に取り組むことを宣言する。
アメリカ軍基地や、軍関係の施設を訪問する。墓地などでもよい(靖国神社の参拝とセットで行う。)
ニューヨークのグランドゼロを訪れる
自衛隊関連の施設を訪問する。
米軍の軍事演習に参加する。
日本国内へ向けた防衛・宇宙関連への何らかのメッセージを出す。

インド、オーストラリア、韓国等への訪問
アフリカ諸国への訪問

特許・意匠権など知的財産に対して西側諸国と共同で、何らかの取り組みを行う。
毒ギョーザ問題を再追及する。
中国製品の安全性に対する規制、国際的な取り組みをおこなう。
等など。。。

しかし、管首相は何にも出来ないんじゃないんでしょうか。この問題は、安全安全保障の問題であり、国の安全保障の最高責任者は地検ではなく首相であることもわかっていないようですから。

中国に対してなんらの外交カードもたないし、持つ気もない、また自分の国を自分の力で守ることもできないこのままの状態では、中国に謝罪することになるでしょう。
いっときますが、私は絶対中国に謝りませんよ。。謝罪するのは、首相です。

坂本竜馬霊や勝海舟霊が予言されていた屈辱的な出来事。。それが今、起ころうとしているのではないでしょうか。










「『小沢一郎の本心に迫る』-守護霊リーディング-」

拝聴してきました。内容は、9月7日に本が出るそうですから、本が出た時点で振り返るとして、とりあえず、忘れないうちに感想のみ簡単に書いておきます。

1.小沢一郎の守護霊は、幸福の科学・実現党が警鐘を鳴らし続けている日本を取り巻く安全保障上の危機的状況や、日本の課題・問題点について理解している。
(1)安全保障ー中国の軍事的脅威
(2)自主防衛、憲法の改正
(2)日本の財政状況ーバランスシートでみる限り問題ない。未来産業への投資ができる余力あり

2.課題・問題認識はある程度一致しているものの、その解決の手段、方法は??ー幸福の科学で言うところの、徳ある政治家とは真逆の政治家である。
(1)思想のバックボーンは、マキアベリの君主論
(2)恐怖による支配
(3)強い権力志向(独裁者)
彼が首相になった場合、回避できる戦争でも現実におこる可能性がかなり高まるのではないのでしょうか。中国からの戦争の危機が迫っているから、大政翼賛会が必要であり、そのトップが務まるのは自分しかいない。というロジックに違和感を覚えました。

3.その他
(1)信仰心はあるとやたらアピールしてしました。でもこれは重要なことですよね。
(2)追い込まれているのか、それとも勝利への自信がそうさせるのか私には良くわかりませんが、最後の勝負だ という必死さ・迫力を感じました。管と仙石を倒すためには、これぐらいの迫力がないとダメでしょう。幸福実現党の幹部も見習ってほしいものです。

この霊言が公に出たら、彼の行動は、制約されるでしょうね。ある意味、守護霊のコミットメントですから。
出来なければ、1%の望みも怪しくなってしまいます。

いづれにしても、これからしっかりとチェックしていきたいと思います。

広島県庄原豪雨被害(しずかちゃんへの警告)

先日の豪雨(7/16)で、もっとも被害が大きかったのは、広島県庄原市川北町。
TVで現地の状況をみましたが、地形が変わり、ニュースで読んだり、聞いたりした以上の悲惨な状況でした。
被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

だれも話題にしないので、言っておきますが、広島県庄原市川北町と言えば、亀井静香の出身地。

今回の豪雨で、日本神道系の神々の警告がこの人にも向けられていることが、はっきりしたでしょう。

取り返しがつかなくなる前に、この本でも読んで反省しなさい。


選挙結果について

選挙は残念な結果に終わりましたが、'楽観も悲観もせず'、とにかく前へ進むことにしましょう。

前回の衆議院選挙のときもそうでしたが、比例票が選挙区の得票より少ない。。これは何らかの手を打つ必要があるでしょうね。
私は選挙のプロではないので良くわかりませんが、専門家に聞けばすぐわかることかもしれません。

我が広島はどうだったか?
比例はダメでしたが、選挙区についてみると、
広島市(旧市内)は、衆議院選挙の時より、わずかながら増えていましたね。
まあ、個別訪問してみるとわかりますが、宗教に対するアレルギーや左巻きの人が多い地域であり、また、今回の全国的な得票の傾向からみると、票が増えるのは特異な感じです。
まあ、もともとの数は少ないのですが。。増加率はすごいですよ。

   衆議院選挙(A) 今回の参議院選挙(B) 増加率(B÷A%)
中区  515        648       126%
東区  385        601       156%
南区  495        825       167%

どんな選挙活動をしたか?
衆議院選挙の時と比べてどのような違いがあるのか、地区の人に聞いてみましたが、
-個別訪問をたくさん行った。
-辻立ちの回数は激減。
-チラシ等のポスティング(布教誌含む)は、衆議院選挙の時と比べて、減らしていない。
-宗教活動としての献本
-信者同士の結束を深めた。
等のようです。話を聞いていて思いましたが、布教誌の配布、献本、説法、これが選挙活動においても基本となるんでしょうね。

もっと詳しく調べれば、理由がわかってくるのでしょうが。。。

ひょっとして、宇宙人の応援があったのかも知れませんよ。
そういえば、植松候補の出陣式の時、上空に、たくさんの光の球が集結していました。
次回の選挙では、もっと協力してもらえるように、頑張りたいと思います(笑)。

大川隆法名誉総裁広島講演会

内容を追記しました。赤字で書いておきます。
------------------
5月8日(土)本日行われた、
幸福実現党 大川隆法名誉総裁 講演会
「勝海舟の一刀両断!」講義に行ってまいりました。

広島市内は、昨日(5月7日)は午後から日輪が現れ、本日(5月8日)は、鳳凰の形をした雲を見ることができました。
残念ながら写真は撮っていませんが。

ウィキペディアをみると、
鳳凰とは
「天子が正しい政治を行った際に現れる」、「聖天子の出現を待ってこの世に現れる瑞獣 」といわれる、と書いてあります。
これから、政治が良くなっていくことを暗示しているのでしょうか?

講義の中で、昨晩、名誉総裁に現れた、鳩山守護霊の話がてていました。
------------------------------------
前日の夜、ホテルに鳩山の守護霊が来た。

「今、たいへん苦しい、助けてほしい。こんな本がたくさん出されて困っている。
度の本を読んでも、自分が責められている。いろんなところで行われている講演会にを聞いてきた民主党の支持者からどうなっているのか、といわれる。鳩山はだめだ、引退勧告だ、などの声が聞こえてくる。」

「県外または、国外移転ができない理由として、勉強した結果、抑止力という意味で、アメリカの海兵隊が役に立つということがわかった」といっていたが、海兵隊のレクチャーを聞いたものだと思ったら、鳩山の守護霊は、「総裁先生の本を読んで良くわかった」と言ったので、びっくりした(笑)
---------------------------------

霊言を読んで、沖縄の米軍(海兵隊)の重要性がわかったとか。それまでは、知らんかったんかい!

怒涛のごとく霊言がでていますし、これからも出ますが、民主党の人たちは、真面目に本を読んで、反省・改心し、日本を滅ぼさないようにしてください。



ものごとの優先順位がわからない人たち 続き

沖縄の基地問題、反対している人たちは、自分中心に世界が回っていると思っているのではないか。
米国から見ても、中国から見ても、もちろん日本からみても、沖縄の軍事的ポジションは同じです。
基地に反対したからと言って、それが変わるわけではありません。

さすれば、沖縄の選択肢は3つしかありません。
1.日米同盟を堅持し、米軍の基地をおく
2.東アジア同盟に入り、中国軍の基地をおく
3.憲法9条を改正し、日本独自防衛の戦略に転換し、自衛隊の基地を大幅に増強する。

今後、数十年のスパンで見たなら、沖縄から米軍基地がなくなっても、代わりに中国軍の基地が置かれるだけ。それは、イコール日本の植民地化を意味します。言い方を変えるなら、日米同盟がなくなれば、日本は、中国の植民地となり、中国が沖縄に大きな基地をおく。

こんな世間しらずの子どもの様な日本の国民の姿をみて、中国は今、大笑いでしょうね

反対運動している人は、今やっていることの意味がわかっていない。

これでも読んで、大局的、戦略的思考を身につけなさい。。。



幸福実現党 林幹事長 来広

『幸福実現党の林幹事長をお迎えしての政策説明会』が3月22日(月)広島市で開催されます。

■街頭演説
12時から中区本通付近(広電 本通駅前)

■政策説明会
13時30分~ 幸福の科学 西広島支部
のスケジュールとなっています。

私も、参加してきます。

幸福実現党 木村党首 来広 2月14日(日)

【幸福実現党西中国本部決起大会】が2月14日(日)広島市で開催されます。

■街頭演説
12時から中区本通付近(広電 本通駅前)

■党大会
13時30分~

のスケジュールとなっています。

私も、参加してきます。

新・学問のすすめ政策(幸福実現党の高度教育戦略)について思ったこと

幸福実現党の掲げる政策の一つ、以下HPからコピー。
-----------------------------
3 新・学問のすすめ政策(幸福実現党の高度教育戦略)
~付加価値の高い公教育で子供たちの未来を守ります!
・教員の福利に税金をつかうのではなく、教員の指導力アップに税金をつかいます!

・「ゆとり教育」、「自虐史観」を撤廃し、誇りと自信をもって
世界で活躍できる人材を育成します!

・いじめを隠したり、見て見ぬふりをする学校関係者を厳しく対処する
「いじめ防止法」を制定し、子供たちを守ります!

・公立学校の民営化も視野に入れ、子供の「学校を選ぶ自由」を広げ、
様々な分野から優秀な人材(教員)を採用できる制度を整えます!
-----------------------------------

・「ゆとり教育」、「自虐史観」を撤廃し、誇りと自信をもって
世界で活躍できる人材を育成します!


と書いてあります。
--------------------------------
私の考えですが、これからの世の中、特に今の子供たちは、世界で活躍できるレベルの能力を目指さなければ貧乏な暮らしが待っている、と言っていいと思います。

1.世界を見渡せば、有能で意欲のある人々がたくさんいる
インドの方の話を書きましたが、彼は3ヶ国語が話せますし、知り合いの中国人も、日本語、英語ができ(中国語はもちろん)ます。しかも、何事も現状を変えていこうと一生懸命取り組みます。翻ってゆとり教育の世代はどうでしょう私が見る限り、彼らと比べると、正直、泣きそうになるレベルです。

2.日本の人口減少/国内市場の縮小
自動車の販売会社の人と最近話をする機会がありました。10年先を考えると、生き残れないのではないかと。国内の市場はどんどん縮小していくのはわかっているが、どう手を打っていいかわからない。とりあえず、自分たちの年代は、なんとか、仕事はあるのかもしれないが、自分の子どもたちの時代はダメだろうと。
企業の立場でみると、生き残るためには、今以上に世界に活路を見出すしかなく、そうなれば、競争に勝たなければ生き残れないのが企業ですから、能力の劣る日本人を採用するより、彼ら(外国人)をどんどん採用していこうということになるでしょう。

もう、貧乏になりたくないということに気付いて、移民政策を行うことができたとしましょう。そうすれば、日本国内での発展も望めますし、国レベルの経済状況は一変するでしょう。ただし、そのときゆとり教育が行われているなら、その発展を享受するのは、移民の方々ということにもなりかねません。

また、移民政策はイヤなので、それ以外の政策でGDPを成長させていく政策を選択するにしても、世界レベルで通用する優秀な人材をたくさん輩出できなければ、実行段階で腰砕けになってしまうでしょう。

私の長男は公立中学校に通っていますが、いろいろ話を聞くにつけ、大丈夫か?と言いたくなります。
やはり教育を立て直さないといけません。

もし、日本が移民政策や日本市場のパイを大きくする政策もとらず、貧乏になりたいという政策を選択したとすると、
①それに甘んじても良い人
->そのまま流されてください。
②個人的になんとかしたい人
->現在のインドや中国の子どもたちのように、一生懸命勉強して、世界に出ていかなくてはなりません。

本当に、今、日本は瀬戸際に立たされている気がします。
危機感があまりにもない、日本の現状を憂いています。

幸福実現党の政策が早く実行されることを望んでやみません。



1月21日に

参議院広島選挙区の候補予定者である、植松満雄福山支部長が広島県庁記者クラブにて記者会見行いました。
各新聞社の地元版での報道では、今回は幸福実現党とちゃんと書かれてありました。
一歩前進です。

ところで、浜田和幸氏が、鳥取選挙区の自民党の候補者公募に応募するようです。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201001220031.html
どんな政策を訴えるんでしょうか。


二権を掌握した小沢独裁政権

新・日本国憲法 試案-幸福実現党宣言4 (OR BOOKS)新・日本国憲法 試案-幸福実現党宣言4 (OR BOOKS)
(2009/07/08)
大川 隆法

商品詳細を見る


今、あらためてこの本を読んでみました。
------------------------------------------------
P49~以下抜粋
第三条
行政は、国民投票による大統領制により施行される。大統領の選出及び任期は、法律によってこれを定める。

1.今の国政の乱れや行政効率の悪さの根源はどこにあるかと考えるとその根本にあるのは議院内閣制だと思います。

2.議会で多数を占めなければ、自分たちの党から総理大臣を選出できません。そのため、選挙で勝つことが第一目的となり、立法者であるべき国会議員たちは、とにかく選挙対策に邁進しています。

3.問題は「実質上、国会と内閣は一体である」ということです。

4.今の時代においては、直接投票で行政の長を選ぶ方が、権力の基盤はより強固なものになると思いますし、民主主義の基本的な考え方からいっても、そうあるべきだと思うのです、そうしないと国民が本当に望んでいる人が選ばれない状況が生まれてくるのです。

5.現在でも都道府県知事等は、この第三条の大統領制と同じ仕組みで直接に選ばれていますが、それで特に支障があるとは思われません。

6.国民投票による大統領制を実施すると、立法府と行政府が分離されて、理想的な三権分立のかたちになるのです。
---------------------------------------------
2→選挙を通じて党を掌握し、コントロール可能な人物を総理大臣に仕立て、3→国会と内閣、すなわち、行政と立法の二つの権力を手に入れた小沢一郎という人物、4->国民はあなたに権力を握ってほしいなどとは思っていなかったでしょう。どうやって今の日本で、独裁政権を作っていくのかと思っていましたが、こういうことだったのですね。さすがに今の憲法のことは、その扱い方もよくご存じです。

5→橋本府知事や河村名古屋市長を見ればわかるように、議会とけん制しあい、緊張関係を保ちながら、仕事を進めていくやり方は、特に問題なく、支障もなく、逆にうまくいっているように思えます。とても独裁政権なんか出来そうにありません。

6→小沢一郎のような人物が二度と出てこないようにするためにも、やはり大統領制というのは意味があると思えてきて仕方ありません。

ところで、全体主義に向かうのかで、P.ドラッカーの 経済人の終わり を引用し、民主党政権のやり方はナチスドイツにそっくりと書きましたが、ナチスドイツと戦った男と言えば、チャーチルですよね。彼は、この 経済人の終わり を タイムズ の書評で絶賛し、イギリス軍士官学校の卒業生に与える支給品の中に加えたそうです。

彼はあの世で、現在の日本をどう見ているのでしょうか?是非聴きたいものです。

広島市「子ども権利条例」

広島市は来年2月に子どもの権利条例を制定しようとしている。秋葉市長はどうしても制定したいらしいですね。
名古屋、札幌、川崎など、日本各地でこの条例は制定されています。

「子ども権利条例」とは、平成6年に日本が批准した「児童の権利に関する条約」の延長として条例化していこうというもの。そもそも、「児童の権利に関する条約」の理念は、子どもの保護にあり、未だに児童労働、児童買春、少年の徴兵があるような発展途上国の子どもたちを保護するという趣旨です。この条約の批准を推進したのが当時衆議院議員(1990年-1999年まで)だった秋葉市長です。
-------------------------------------
広島市のHPに載っている、広島市子どもの権利に関する条例(仮称)の骨子(試案) から以下抜粋してみました。

■子どもの権利の内容
○安心して生きる権利
①命が守られ平和と安全のもとに暮らすこと
②愛情を持ってはぐくまれること
③健康的な生活を送るとともに、適切な医療が受けられること。
④虐待、体罰、いじめ等や犯罪などから心や身体が守られること。

○豊かに育つ権利
①学び、遊び、休息すること
②様々な芸術、文化、スポーツに触れ、楽しむこと
③地域社会及び自然環境とのかかわりの中で成長していくこと。

○自分らしく生きる権利
①個性や他人との違いを認められ、一人の人間として尊重されること。
②自分の考えを持ち、表現すること。
③プライバシーが守られること。

○参加する権利
①意見を表明する機会が与えられること
②表明した意見について、年齢や成長に応じてふさわしい配慮がなされること。
③意見を表明するために、必要な情報の提供その他適切な支援を受けられること

■子どもの権利保障の仕組み
○子どもは、権利の侵害について相談し、又は権利の侵害からの救済を求めることができること。
○子どもの権利侵害等について総合的な相談支援を行う拠点機能の整備
○子どもの意見を聴くための場の設置

■子どもの権利の保障の検証
○子どもの権利の保障状況について、調査し、又は研究するための機関の設置
-------------------------------------------------------
ごく当たり前のようなことが書かれています。

 私が感じたのは、これらの権利を意図的に乱用した場合、子どもが家庭以外の社会と接する場所、すなわち、学校が危機にさらされるのではないかということです。
 子どもの権利保障の仕組みは、この条例を制定している他都市と同じように、外部の人権監視員制度で担保されると思いますが、その中に、特定のイデオロギーをもつ人々が入り込み、いわゆるモンスターペアレントや、左翼的教師に影響された生徒と結びついた場合、学校現場は非常に混乱していくことが危惧されます。

以下何点か、どのようなことが考えられるのか、私なりに問題点を挙げてみます。

○豊かに育つ権利
①学び、遊び、休息すること
->学校が宿題をたくさん出すから、家で遊んだり・休息ができないと訴えてきたらどうしますか?

○自分らしく生きる権利
①個性や他人との違いを認められ、一人の人間として尊重されること。
->教室で黙って授業を聞くことができない。それは自分の生まれ持った性格・個性だと主張されたらどう答えますか?
②自分の考えを持ち、表現すること。
->制服は着ません。茶髪、ピアス、タトゥをするのも自分の考えの表現です。
日の丸・君が代は認めません。それも自分の考えの表現です。どう答えますか?
③プライバシーが守られること。
->持ち物検査を行うのはプライバシーの侵害です。どう答えますか?

○参加する権利
①意見を表明する機会が与えられること
②表明した意見について、年齢や成長に応じてふさわしい配慮がなされること。
③意見を表明するために、必要な情報の提供その他適切な支援を受けられること
->学校側に生徒から上述した点も含め、いろいろな問題提起が出てきたら、どうするのですか?
かなりの部分受け入れないといけなくなります。学校の秩序はどうなるのでしょうか?

もし制定されたら、特定のイデオロギーを持つ人々にこの法律が乱用され、広島市の教育現場は荒廃する可能性があります。
ゆとり教育と広島でも書きましたが、1998年には最悪の状態になった前科があります。このときは、広島に是正指導が入り、実質的に文部科学省直轄で指導されていました。
また、世羅高校の校長先生が教職員組合等から日の丸・君が代の問題で自殺されたのが1999年でした。

この条例を機に、以前の状況に逆戻りしてしまうのではないかと危惧しているのは私だけでしょうか?

結構気に入っています



支部でゲットしました。

里村編集長 in 広島

11月21日に、幸福実現党広島県本部特別企画行事として、里村ザ・リバティ編集長のお話がありました。

約一時間のお話でしたが、とてもわかりやすく、面白く聞かせていただきました。

お話の内容は以下のとうり。

(1)国難は国内から
北朝鮮は、今、オバマ政権組み易しとみている。そのため、表面上は動きを止めている。
代わって出ているのが、鳩山政権による国難。
大川総裁は、今、経営系と健康系のご法話をたくさんされている。これは、今後来る鳩山政権による10年不況にそなえてのこと。
①ゼネコン不況
・公共工事は意義のあるものも多い、事業を見直していこうという考え方はよいが、投資と経費の区別もつかないまま判断している。このままでは、5年10年後に反動が来る。
・すべてのダムを中止、こんなことができるのは、世界では、中国と北朝鮮しかない。全体主義とおなじ。
・北海道も今、大変なことになってきている。
 -公共工事中止、建設業者の仕事がなくなる。東京では公共工事必要ないかもしれないが、地方ではまだまだ必要なところたくさんある。
 -農家への戸別保障は大規模化を進めることを阻害する、小規模農家が土地を手放さなくなるため。JAも困っている。
 -新日鉄、CO2削減を実行すれば、北海道の工場も海外に出ていかざるを得なくなる。
(しかし、このことは選挙のときに北海道の人に訴えてきた。まさにそのとおりになりつつある)
・失業率は6%に近付いている。今後10%になる可能性が高い。
②モラトリアム法案
亀井さん、野党暮らし、小泉さんへの恨みで判断おかしくなっている。これはお金の循環を止める法案、借りた金を返さなくてよいなら、まじめに資金繰りを考えて頑張っている人たちはどうなる。正直者がバカをみる。また、金融担当大臣が、金融機関の株価が下がって喜んでいる、これはおかしなこと。
③郵政民営化の後退
今度の郵政公社のトップは、天下り、渡りを繰り返し、官僚の中の官僚と言われた方、また小沢氏にもっとも近い。国民福祉税を導入しようとした人でもある。
国営企業は赤字を生むので中国は今国営企業をどんどん民営化している。どちらが社会主義の国かわからない。
④安全保障
・日米の間に大きな亀裂が入っている。オバマ大統領来日しているのに、鳩山さんは日本にいなかった。また、普天間基地の問題も、オバマさんに言ったことと、あとから言ったことが異なる。アメリカは相当怒っている。
・中国の軍拡
-建国記念日の取材に行ってきた。式典の主賓席になぜか村山元総理がいる。村山談話が中国では評価されている。なぜ日本のマスコミは報道しないのか。
-軍事パレード、新しい兵器のオンパレード、
 水陸両用装甲車-これは台湾、沖縄諸島へ照準。自国を守るためであれば、このような兵器は必要ない。
 警察の装甲車-自国民を守る警察なのに軍隊なみの装備、これは少数民族への威嚇。
 ミサイル-対台湾の短距離ミサイル、対日本の中距離ミサイル東風21;これは日本の各都市に照準を合わせ1000-2000発配備されているといわれている。対アメリカの大陸間弾道弾;東風31、新型のミサイルでこれが出てきたとき中国の人たちは大喜びであった。殲10戦闘機、これはF16に匹敵する性能を持つ、さらに、第5世代のステルス戦闘機も開発中であり、8年後-10年後には実戦配備される。更に空母も。。
こんな状況で、なんとも日本は情けない。マスコミも報道しない。
(2)選挙の意義
まだ、野球でいえば1回の表裏が済んだところ。明治維新でも黒船が来てから10年かかった。
今回の選挙で100万票取ったことで、マスコミの見方も変わってきた。公益性のある団体であるということ。来年の参院選では、台風の目になるかもという話も、マスコミ関係者の一部から聞いている。

その他にも書ききれないほどの、たくさんのお話がありました。選挙のときのお話など。。
あっという間の一時間でした。

以上

幸福実現党がんばれ

-----------------------------------
幸福実現党関係者のA氏との会話

私「ところで木村党首は、全国をまわる予定はないのでしょうか?いろんな方と話をするべきでしょう。広島にもはやく来てほしいですね。」
A氏「今予定を立てているところ。もうすぐお知らせできると思う。}
私「選挙戦のやり方は、やっぱり変えていくんでしょうね。」
A氏「今後は地上戦主体となると思う」
---------------------------------
来夏の参院選に向けて、もうすぐ活動が始まるらしい。

ところで、衆議院選挙の時に感じましたが、やはり、幸福実現党のマニフェストは、そのまま普通の人に説明するには、内容が難しいですね。未だ高天原にあるような感じです。

普通のおばさまや、おじさまがたに分かってもらうためには、わかりやすく説明できなければ駄目だと思いました。

だいたい、文章でも、3行以上書いていたら、まともに読んでもらえませんから。

ワンフレーズで説明、たとえ話を入れたり、時には図で説明したり。。

民主党の政策のいけないところも同じように説明できなければいけません。

やはり、そのギャップは、候補者の方が埋めるしかないんでしょう。

宗教への偏見等の壁に立ち向かって進むのは、大変だと思いますが、私も少しは力になりたいと思っています。

郵政社長交代の影響

景気悪化の要因になりそうです。

仕事先で拾った記事です。

-------------------------------------
郵政社長交代、産業界への影響、私はこう見る
-日本総合研究所理事湯元健治氏。
10月22日 日経産業新聞

--郵政民営化路線が否定されたことで、どのような影響がでるか。
「民営化は業務効率化や、これまで国債や財政投融資に利用されてきた個人金融資産を民間への投融資に生かすのが狙い。郵政改革が頓挫すれば期待された効果もはがれ落ち、中長期的に日本経済の成長率を低下させることになる」

--企業の投資行動に影響を与えるか。
「企業は各種補助金などで恩恵を受けてきた。郵政民営化で得られる多額の税収や株式売却益がなくなれば、国は歳出の削減を迫られ、補助金なども減少するだろう」

「企業は少子高齢化による市場の縮小に加え、ハードルの高い温暖化ガス削減目標を課せられるなど、国内で積極投資するのが難しい状況にある。(政府の支援が期待できなくなれば)国内より海外という流れが加速するのではないか」

--次期社長の斎藤氏に求められる役割は。
「日本郵政は株式会社としてのビジネスモデルを構築する一歩手前の局面にあった。どんぶり勘定に戻れば、税金による支援を受けてしまうようになりかねない。「名ばかり」株式会社にならないように、改革のよい遺産は引き継いでほしい。一方で(公的役割の重視という)政府方針にも目配りするバランス感覚が求められる」

-------------------------------

全体主義へ向かうのか

ピータードラッカーの 経済人の終わり を読みました。
この本は、ナチスドイツの全体主義について分析・考察した本です。

幸福実現党の言っている 全体主義化への懸念 が最初はピンときませんでしたが、民主党のやっていることは、この本に書かれている全体主義の特徴そのものじゃないのか?
と感じずにはいられません。
続きを読む

雇用2月危機説

仕事先で見た日経新聞で、気になる記事を見つけました。いやな予感がしてきました。

10月14日、15日の朝刊 雇用はつくれるか の記事。

このままだと来年の春以降、景気は本格的に悪化しそうです。

派遣禁止、最低賃金、円高、CO2削減。。これで製造業に雇用は期待できなくなりました。
大手企業はものづくりの方針を転換し、海外へ工場を移転することを決定し始めています。

これからどんどん増えていきそうな失業者はどこにいけばいいんでしょうか?
 医療、介護で働けばいいといいますが、低賃金、重労働の職場。。それらの業界に就職できたとしても、以前に比べて、所得の低下は避けられないでしょう。病気や寝たきりで困っている人からお金はたくさん受け取れませんよ。したがって、多額の税金を投入しない限り、待遇は改善できないでしょう。
また、医療、介護を雇用の受け皿となる成長産業にしたらいけないでしょう。寝たきりや、病気の人を増やしたいんでしょうか?

 環境分野についてもCO2削減の目標は聞きますが、具体的な政策が見えてきません。
CO2 25%削減は、このままでは、重荷になるだけです。

ビジョンもなく、マクロ経済がわかっていない民主党に任せると、日本がどんどん貧乏かつ病人だらけの不幸な国になっていく予感がします。(もちろん今後の政策変更でそのようにならないことを願っていますが。)

しかし、なんとかこのような状況がきても乗り切れるようにしておかなければなりません。

松下幸之助氏風に言うと
1.(民主党はダムがお嫌いなようですが)ダム経営はできているか?
2.これからの雨をしのげる傘を持っているか?

これは、経営者じゃなくても、個人にも当てはまると思います。
ヒカリアンももう一度よく考えてみたいと思っています。

幸福の科学に縁のあるかたは、なんとかしのいでほしい、逆に発展するように、と切に祈る今日この頃です。


---------------------
以下記事の抜粋です。

10月14日
来年2月に失業者が急増するという危機説がささやかれ始めた。
雇用調整助成金の支給対象者は、8月で255万人、この雇用調整助成金、業績の悪化した企業が休職中の労働者に払う休業手当の一部を政府が補助する制度。事業活動を縮小せざるを得なくなった企業が、社員を解雇せず、“休業”や“出向”で雇用を維持することを条件に助成する。
いいかえると、この助成金がなければ、この255万人は、失業していたかも知れない人たちである。
この助成金は、企業の業績が下げ止まると支給開始後、一年で打ち切られる。それが本格的に始まるのが2月。
政府は雇用対策に万全を期す(セーフティネットの充実)とコメントしているがその具体的な道筋は見えてこない。

10月15日
製造業に逆風
 製造業への派遣禁止に最低賃金の引き上げ、そして温暖化ガス削減や円高・・・。景気低迷に加え、新政権下で加わった幾多の逆風を前に、製造業は生産体制の最適化を進めざるを得ない。今年7月以降に期間従業員の採用を再開した自動車業界。しかし、その数は約3500人と昨秋の金融危機以降に減らした非正規社員3万人の雇用も吸収できていない。
「医療、介護、環境で雇用創出に努めていく」。8日、連合の定期大会。長妻厚生労働相が雇用の受け皿が期待される成長産業を名指しした。
 環境分野に関しては、日本も野心的な温暖化対策を打ち出してはいるが、環境産業の育成をバネに経済の底上げを図る道筋は描けていない。
司令塔いない
 過去の政権では首相に近い経済通が、様々な政策をつなぎ合わせ、総需要の押し上げを目指した。今の政権にはマクロ経済運営の司令塔が見えない。求められるのは経済のパイを広げる戦略だ。それが巡りめぐって雇用を創出し、不安を抑える安全網にもなっていく。
 政策のつぎはぎ感が否めない鳩山政権には、日本経済を引っ張る成長戦略を描くことでピンチをチャンスに変える知恵が問われている。


経済繁栄とは

増税すると衰退するとかいろいろ書きましたが、原点に戻って、幸福の科学における
繁栄の定義に戻って、考えてみたいと思います。

成功の法―真のエリートを目指して成功の法―真のエリートを目指して
(2004/09)
大川 隆法

商品詳細を見る


「成功の法」のP170以降に経済繁栄の定義について書かれています。
1.「人」、「物」、「金」、「情報」、この四つの要素が、非常に早い回転速度で動いている(非常に大きな流れ、動きがある)状態。
2.そのなかに、現に生きている人、そこに経済主体として想定されている人が、仕事そのものに非常にやりがいを感じている。そして、将来に対して希望が抱けるような状態にある。

これで、なぜ増税が経済繁栄の原則に反しているかわかると思います。
お金の動きを制限し、人々のやる気も失わせてしまう。→ダメです。
今後たぶん打ち出してくるであろう???民主党の経済政策もこの原則に立ち戻って判断すれば、良いか悪いかわかるはずです。

幸福実現党の政策はどうでしょう。手元にあるマニフェストから拾い上げてみると、
1)消費税、相続税、贈与税廃止、所得税、法人税のフラット税
2)証券税制の全廃
3)人口増加政策
4)交通革命
リニア新幹線、高速道路の拡充及び無料化
高層ビル間のモノレール
小型ジェットを活用したシャトル航空網の拡充
5)農業参入の自由化
等々。

1と2の経済繁栄の定義に沿ったものになっています。
また、これらの政策は単なる突拍子もないアイデアの寄せ集めでかつ、受け狙いではないと思います。なぜなら、専門家でチームを組んで、1.2の考え方で経済政策を立案しなさいといったら、同じような案が出てくるのではないでしょうか?

この本、もともとは「現代成功哲学」土屋書店刊として1988年に出された本だそうです。なんと大川総裁はこの時32歳。凄すぎる!

キャベツくんとDoomとラッファー曲線と

今度は、いのさんのブログにラッファー曲線の記事が↓
「増税が国を滅ぼす」 日経BP社 税率を下げれば税収が増えるラッファー曲線
しかも、なんと、’Doom’にも言及いただきました!
ラッファー曲線ふたたび
の記事と合わせて、みなさん、ぜひ、読んでくださいね

ラッファー曲線その2

ラッファー曲線の記事をmercyさんのブログで取り上げていただきました。それがこれ↓
ラッファー曲線ふたたび
 なんか、自分が書いたのよりわかりやすくかいてあるな。と思いつつ、元気をいただきましたので、続きを書くことにします。
続きを読む
FC2カウンター
プロフィール

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。