HOME   »  2009年11月
Archive | 2009年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結構気に入っています



支部でゲットしました。
スポンサーサイト

祈願のはなし

今年も気がつくとあと1カ月とちょっとになってしまいました。
忘れないうちに、書いておきたいことがあります。祈願の話です。
続きを読む

里村編集長 in 広島

11月21日に、幸福実現党広島県本部特別企画行事として、里村ザ・リバティ編集長のお話がありました。

約一時間のお話でしたが、とてもわかりやすく、面白く聞かせていただきました。

お話の内容は以下のとうり。

(1)国難は国内から
北朝鮮は、今、オバマ政権組み易しとみている。そのため、表面上は動きを止めている。
代わって出ているのが、鳩山政権による国難。
大川総裁は、今、経営系と健康系のご法話をたくさんされている。これは、今後来る鳩山政権による10年不況にそなえてのこと。
①ゼネコン不況
・公共工事は意義のあるものも多い、事業を見直していこうという考え方はよいが、投資と経費の区別もつかないまま判断している。このままでは、5年10年後に反動が来る。
・すべてのダムを中止、こんなことができるのは、世界では、中国と北朝鮮しかない。全体主義とおなじ。
・北海道も今、大変なことになってきている。
 -公共工事中止、建設業者の仕事がなくなる。東京では公共工事必要ないかもしれないが、地方ではまだまだ必要なところたくさんある。
 -農家への戸別保障は大規模化を進めることを阻害する、小規模農家が土地を手放さなくなるため。JAも困っている。
 -新日鉄、CO2削減を実行すれば、北海道の工場も海外に出ていかざるを得なくなる。
(しかし、このことは選挙のときに北海道の人に訴えてきた。まさにそのとおりになりつつある)
・失業率は6%に近付いている。今後10%になる可能性が高い。
②モラトリアム法案
亀井さん、野党暮らし、小泉さんへの恨みで判断おかしくなっている。これはお金の循環を止める法案、借りた金を返さなくてよいなら、まじめに資金繰りを考えて頑張っている人たちはどうなる。正直者がバカをみる。また、金融担当大臣が、金融機関の株価が下がって喜んでいる、これはおかしなこと。
③郵政民営化の後退
今度の郵政公社のトップは、天下り、渡りを繰り返し、官僚の中の官僚と言われた方、また小沢氏にもっとも近い。国民福祉税を導入しようとした人でもある。
国営企業は赤字を生むので中国は今国営企業をどんどん民営化している。どちらが社会主義の国かわからない。
④安全保障
・日米の間に大きな亀裂が入っている。オバマ大統領来日しているのに、鳩山さんは日本にいなかった。また、普天間基地の問題も、オバマさんに言ったことと、あとから言ったことが異なる。アメリカは相当怒っている。
・中国の軍拡
-建国記念日の取材に行ってきた。式典の主賓席になぜか村山元総理がいる。村山談話が中国では評価されている。なぜ日本のマスコミは報道しないのか。
-軍事パレード、新しい兵器のオンパレード、
 水陸両用装甲車-これは台湾、沖縄諸島へ照準。自国を守るためであれば、このような兵器は必要ない。
 警察の装甲車-自国民を守る警察なのに軍隊なみの装備、これは少数民族への威嚇。
 ミサイル-対台湾の短距離ミサイル、対日本の中距離ミサイル東風21;これは日本の各都市に照準を合わせ1000-2000発配備されているといわれている。対アメリカの大陸間弾道弾;東風31、新型のミサイルでこれが出てきたとき中国の人たちは大喜びであった。殲10戦闘機、これはF16に匹敵する性能を持つ、さらに、第5世代のステルス戦闘機も開発中であり、8年後-10年後には実戦配備される。更に空母も。。
こんな状況で、なんとも日本は情けない。マスコミも報道しない。
(2)選挙の意義
まだ、野球でいえば1回の表裏が済んだところ。明治維新でも黒船が来てから10年かかった。
今回の選挙で100万票取ったことで、マスコミの見方も変わってきた。公益性のある団体であるということ。来年の参院選では、台風の目になるかもという話も、マスコミ関係者の一部から聞いている。

その他にも書ききれないほどの、たくさんのお話がありました。選挙のときのお話など。。
あっという間の一時間でした。

以上

経済人モデルの呪縛

経済人モデル:人間は利己的で自分にとって最も有利な最適基準で行動を取り、金銭的報酬
と懲罰だけに反応すると考えられる。また人間を機械と同じようにみなす機械人モデルでもある。


どうやら、日本のエリートと呼ばれる人たちは、この考え方が中心にあるようです。人々を機械のようにコントロールできると考えているのではないでしょうか。
行き過ぎた成果主義、これでみんな一生懸命働くはずだ。。ばかな人間は賢いやつの言うとおりにやればいいんだとか、政治でいえば、バラマキ政策--これで言うことを聞くだろう。。税率を上げれば、単純に税収は増えるという考え方等など。
また、この考え方にもとづけば、ラッファー曲線の理論は理解できないでしょう。

実際にそうでしょうか?人間には感情がある、それにかなりの部分左右されて行動している、これが事実でしょう。

この経済人モデルを否定する考え方としては、サイモンの経営人モデルがあります。
人間の意志決定は、完全合理性に基づいたものではなく、満足化基準で行われる。
という考え方です。
また、メイヨーとレスリスバーガーが行ったホーソン実験が有名です。これは、工場での生産性の向上が何によって決まってくるかを調べたものです。作業環境ではなく、働く人たちの人間関係が重要な要因であることを発見した実験です。生産性を高めるのはモラール(士気)であり、モラールを決める重要な要因が人間関係であると。

では、人間が感情に左右されて、一生懸命働いたり、さぼったりする、行動の基準を変える、ことはわかりました。それでは、一生懸命頑張れる動機付けはなんでしょうか?

心理学者マズローは人間の欲求を5段階に分けました。これが、マズローの欲求段階説です。
------------------------------
1.生理的欲求;人間の生命維持の欲求で、いわば衣食住に対する欲求
2.安全欲求;安全ないし安定した状態を求め、危機や恐怖を回避したいという欲求
3.社会的欲求;集団への帰属や友情、愛情を求める欲求
4.自我欲求;人々から認められたい、かつ尊敬されたいという欲求
5.自己実現欲求;自分の可能性を発見し、チャレンジしたいとする欲求

人間は、低次の欲求を充足すると、より高い段階の欲求を満足させようと行動する。
-----------------------------

この考え方に基づいて、マクレガーはX理論・Y理論を提唱しました。
------------------------
X理論(悪い子)
人間は生来、仕事が嫌い、命令と統制による管理、アメとムチで働かせる
Y理論(良い子)
人間は条件次第ですすんで仕事に身をゆだねる、組織目標と個人の目標を融合して管理、目標による管理で、自己実現欲求の充足をはかる

生理的欲求や安全の欲求が満たされていない時代ではX理論は有効であるが、現代では、自我の欲求や、自己実現の欲求を充足しなければならず、Y理論の管理スタイルが有効である。
----------------------
この理論の上に成り立っているのが、P.ドラッカーの目標によるマネジメント MBO(Management By Objectives)です。
「現代の経営」に、このマネジメント手法が書かれています。

人間の心も分からず、ましてや正しい信仰も持たず、勉強ばかりしてきた知的エリートというのは、普通の人たちを機械のように考えている冷たい人が多いのではないかと思わざるを得ません。

やっぱり、信仰や道徳教育は、学校教育に必要ですね。
せめてP.ドラッカーの本でも読んでくれたら、と思う今日この頃です。



社長学入門

社長学入門社長学入門
(2009/11/19)
大川隆法

商品詳細を見る

----------------------------
社長学入門 まえがきより

まことに、まことに、経営者にとっては厳しい時代がやってくるだろう。再び乱気流時代に突入である。

中略

時代はこの国を「全体主義的社会主義」の流れに引きずり込んでいくだろう。
政治体制そのものが、国の没落を目指す時、社長は、自らの持つ「真剣」に、毎日手入れを怠らないことだ。
------------------------------------

この本を読んで、未来を見抜き、備え、そして生き残る智慧を磨きましょう。



幸福実現党がんばれ

-----------------------------------
幸福実現党関係者のA氏との会話

私「ところで木村党首は、全国をまわる予定はないのでしょうか?いろんな方と話をするべきでしょう。広島にもはやく来てほしいですね。」
A氏「今予定を立てているところ。もうすぐお知らせできると思う。}
私「選挙戦のやり方は、やっぱり変えていくんでしょうね。」
A氏「今後は地上戦主体となると思う」
---------------------------------
来夏の参院選に向けて、もうすぐ活動が始まるらしい。

ところで、衆議院選挙の時に感じましたが、やはり、幸福実現党のマニフェストは、そのまま普通の人に説明するには、内容が難しいですね。未だ高天原にあるような感じです。

普通のおばさまや、おじさまがたに分かってもらうためには、わかりやすく説明できなければ駄目だと思いました。

だいたい、文章でも、3行以上書いていたら、まともに読んでもらえませんから。

ワンフレーズで説明、たとえ話を入れたり、時には図で説明したり。。

民主党の政策のいけないところも同じように説明できなければいけません。

やはり、そのギャップは、候補者の方が埋めるしかないんでしょう。

宗教への偏見等の壁に立ち向かって進むのは、大変だと思いますが、私も少しは力になりたいと思っています。

民主党の子ども手当

久々に政治に関するネタを書きます。

やはり、どう考えても、子ども手当は、バラマキ政策以外何物でもありません。
その政策を実行しても、将来につながらないからです。

子ども手当により、優秀な人材がたくさん生まれるのか?
ばらまいたお金が将来10倍・100倍になって返ってくるのか?

答えはノーでしょう。

少し、論点がずれるかもしれませんが、これで思い出したのが、米百俵の話。
2001年頃かなり話題となりましたよね。
このような考え方こそ、日本人が持っている誇るべき点であると思っていたのですが、いったい、どこに行ってしまったのでしょうか?残念です。

この本を読んでほしいと思うのは私だけ?
米百俵 (新潮文庫)

---内容(「BOOK」データベースより)---
戊辰戦争で焦土と化した城下町・長岡。その窮状を見かねた支藩より見舞いの米百俵が届けられた。だが、配分を心待ちにする藩士が手にしたのは「米を売り学校を立てる」との通達。いきり立つ藩士を前に、大参事小林虎三郎は「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」と論す。「米百俵の精神」を広く知らしめた傑作戯曲。著書の講演も収録。
--------------------------

今、お金を配るよりは、将来の優秀な科学者や経営者や政治家やその他世の中に貢献できる人材を育てる方向にお金を使うことこそ必要だと思いませんか?
それによりたくさんの雇用が生まれ、世の中が暮らしやすくなり、安心して暮らせる世の中が実現される。
そのような政策にこそ、税金は使われるべきだと思います。




FC2カウンター
プロフィール

ヒカリアン

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。