HOME   »  2010年03月
Archive | 2010年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傾聴のスキル

先日、傾聴のセミナーを受けてきました。人間関係を円滑に保つため、コミュニケーションが重要になってきています。そこで注目されているのが傾聴技法です。
そこで、簡単に傾聴についてポイントを書きたいと思います。

1.傾聴と日常会話の違いとは
日常会話;①事実関係に集中、②自分の価値観で判断し、対応する③自分の考え、意見を述べる
傾聴;①相手の考え、気持ち、価値観、感情に注目 ②自分の価値観、考えは置いておく ②自分の理解を伝える

2.技法
①避けること
批判、説教、見下し、自慢、励まし、決めつけ、詰問
②アイコンタクト
③あいづち
なるほど、へえー、そうなんだ
④共感
それは大変でしたね、つらかったでしょう、悔しかったでしょう
⑤話のポイントを繰り返す
つまり、こうなんですね、いいたいことはXXXXですね。
⑥明確化
あなたの気持はXXXなのではないでしょうか
じつはXXXしたいんでは
気付きを相手に与える。
⑦質問
詳しく教えてくれませんか
気になることは
どんな気持ちでしたか
なぜ問題なのですか
質問によって、問題を整理できる
⑧沈黙
相手のペースに合わせる。沈黙を恐れない。
⑨相手に助言、自分の意見を伝える

3.事例
こんな感じです。

話し手
 今日、電車が遅れて、会社に遅刻しそうになって、大変だったんだ。なんとか間に合ったけど。
聴き手
 そうだったの、電車が遅れちゃって、なんとか会社に間に合って、それは焦ったでしょう。

4.ポイント
①相手に関心を持つ
②競わない
③視線をそらさない
④最後まで話を聴く
⑤わかっていることでもあえて聴く
⑥肯定的に聴く
⑦言葉の意味を聴く
⑧あえて励まさない
⑨結論を先走りしない
⑩反論は私を主語に

家族や、友人に対して実践してみてください。話が止まらなくなるかもしれません。
もっともテクニックだけで、気持ちがこもってないと相手にすぐ見破られますけれども。
スポンサーサイト

幸福実現党 林幹事長 来広

『幸福実現党の林幹事長をお迎えしての政策説明会』が3月22日(月)広島市で開催されます。

■街頭演説
12時から中区本通付近(広電 本通駅前)

■政策説明会
13時30分~ 幸福の科学 西広島支部
のスケジュールとなっています。

私も、参加してきます。

電気自動車の話

この前、参議院選挙に広島から立候補予定の植松みつお候補の話を聞きました。

これからは電気自動車だ!と力説されておりました。

そこで、われわれ日本人が元気の出る話をしたいと思います。

1.まず、電気自動車を動かすモーター、モーターは、ネオジウム磁石が1980年代の後半に発明されて、画期的に小型、軽量化されました。この発明で、ハイブリッド車に搭載できるモーターが開発可能になった、と言って過言ではないでしょう。
この磁石は日本人の発明です。

2.電池もそうです、みなさん、リチウムイオン電池をご存じでしょう。携帯電話にも使われています。電気自動車が実用化されるためには、高性能の電池が必要ですが、リチウムイオン電池が出てきて、電気自動車として使えるものになってきています。
この電池も日本人の発明です。

3.半導体素子、モーターを動かすために大電力を制御できる半導体が必要です。IGBTという半導体素子が発明されて、小型軽量の制御装置で、モーターを省エネで動かすことができるようになりました。
このIGBTも日本人の発明です。

キーとなる技術が日本生まれなので、トヨタ、ホンダも世界に先駆けてハイブリッド車を出すことができたのだと思います。さらに電気自動車も技術的に優位なポジションにいますね。

話を更に広げれば、モーターを使うもの、すなわち、洗濯機、エアコン、冷蔵庫から新幹線に至るまで、日本が技術でトップなのも、うなずけます。

どうでしょう。こんな話は、あまり知られていないんじゃないかと思います。もっと、日本人は、自信を持っていいんじゃないんでしょうか。

燃えるプラットフォーム

とは、カルロスゴーン氏(日産自動車の社長兼CEO)が、日産を改革するとき、当時の社内の状況を比喩で表現した言葉です。
このことについて書こうとしましたが、今回はやめて、プラットフォームという言葉について、プロジェクトマネジメントの視点から、考えてみたいと思います。

プラットフォームとは
プログラムを推進するために、人間系、情報系、文化系における情報、コミュニケーション、知識獲得のために形成された協働作業のために用意される特定のコミュニティの場である。

チームとして何かをなしとげようとするとき、プラットフォームという視点で考えると役に立つと思います。

まずは、どんなコミュニティの場にしたいのか?場というのは、具体的には、会議、ネットワーク、現場などのイメージです。

コミュニティの場には、
1.コミュニケーション
どのような方法で、何をコミュニケーションするのか
メール、電話、FAX、インターネット、会議等などを使って、何を伝えるのか?どんな情報を交換するのか?

2.人材を集める
人を集めなければ始まりません。
オープンでなければ人は集まりません。
異質なものを排除してないでしょうか?
人の欠点ばかり見てないでしょうか?

3.魅力あるテーマとリーダーシップ
夢のある目的や志があるでしょうか?

の要素が必要です。
もちろん、一定のルールも決めておく必要があります。

コミュニティの場ができたら、その基盤を強化しながら、新しい価値を創造していく(成果をあげる)ことが必要です。

そのためには
①情報を共有化して、チーム員みんなの能力を高める。
②チーム員みんなが効率的に活動、交流できるようにし、創造力・解決力を高める。
③情報収集・伝達を工夫して、変化に対するチームとしての柔軟な対応性を高める。
④オープンな環境を創り、異質調和を図り、相乗効果を得る。
の考え方が重要でしょう。

どうでしょう、こういう風に考えると
自分の知っていること思っていることをすべて仲間に伝えたくなりませんか?
また、仲間の考えていることが知りたいと思うようになるんじゃないんでしょうか?
人の長所できるだけ見ようと思うようになりませんか?

このように、すこし考え方を変えれば、態度が変わり、行動が変わる。
みなさんも実践してみませんか?
私も考え方を変えるよう日々頑張っています。

アー・ユー・ハッピー?4月号

を見て、びっくりした。
たくさんの木の精が写真に!!




UFO・宇宙人も驚きだが、こっちもさりげなくすごい。
このさりげなさが私好みです。

皆さんもぜひ買って読んでみてください。
FC2カウンター
プロフィール

ヒカリアン

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。