HOME   »  2010年08月
Archive | 2010年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『小沢一郎の本心に迫る』-守護霊リーディング-」

拝聴してきました。内容は、9月7日に本が出るそうですから、本が出た時点で振り返るとして、とりあえず、忘れないうちに感想のみ簡単に書いておきます。

1.小沢一郎の守護霊は、幸福の科学・実現党が警鐘を鳴らし続けている日本を取り巻く安全保障上の危機的状況や、日本の課題・問題点について理解している。
(1)安全保障ー中国の軍事的脅威
(2)自主防衛、憲法の改正
(2)日本の財政状況ーバランスシートでみる限り問題ない。未来産業への投資ができる余力あり

2.課題・問題認識はある程度一致しているものの、その解決の手段、方法は??ー幸福の科学で言うところの、徳ある政治家とは真逆の政治家である。
(1)思想のバックボーンは、マキアベリの君主論
(2)恐怖による支配
(3)強い権力志向(独裁者)
彼が首相になった場合、回避できる戦争でも現実におこる可能性がかなり高まるのではないのでしょうか。中国からの戦争の危機が迫っているから、大政翼賛会が必要であり、そのトップが務まるのは自分しかいない。というロジックに違和感を覚えました。

3.その他
(1)信仰心はあるとやたらアピールしてしました。でもこれは重要なことですよね。
(2)追い込まれているのか、それとも勝利への自信がそうさせるのか私には良くわかりませんが、最後の勝負だ という必死さ・迫力を感じました。管と仙石を倒すためには、これぐらいの迫力がないとダメでしょう。幸福実現党の幹部も見習ってほしいものです。

この霊言が公に出たら、彼の行動は、制約されるでしょうね。ある意味、守護霊のコミットメントですから。
出来なければ、1%の望みも怪しくなってしまいます。

いづれにしても、これからしっかりとチェックしていきたいと思います。
スポンサーサイト

幸福の科学の本を読むと成績がUPする?

国語の成績をUPしたければ、幸福の科学の本を読め!

これは、今年の春ごろ、息子から、国語の成績が悪いし、どう勉強すればわからない、塾の先生に聞いても教えてくれないと尋ねられた時に、私が言ったことです。

本当は成績など関係なく、本を読んでほしかったから言ったことですが、今どうなったか?

先日受けた模試の成績を見ましたが、驚きの結果が返っていました。

長男(中三)
中二までの模擬試験では、国語の点数が取れていませんでした。今回の模試では、国語は、全受験者中、10番以内の成績でした。
宇宙人に結構興味があるらしく、宇宙の法入門を読んでから、徐々に幸福の科学の本を読むようになり、急に国語の成績がUPし始めています。

二男(中一)
国語は、県で1番でした。本人は、創造の法を読んでから、漢字とか、熟語の意味が、頭の中にスッと入ってくるようになって、覚えられるようになった と言っています。
創造の法 恐るべし!

学校の成績で悩んでいる方やその親御さんは、ぜひ本を読むことをお勧めします。

奇跡が起こるかもしれませんよ。




赤か黒か

朝日新聞はやはりが好きなようです。
社説で、黒のことを批判。
菅VS.小沢―政策を競うのでなければ

ちなみに地元広島の中国新聞も黒を批判。
小沢氏代表選立候補 国民の理解得られるか

まあどっちでもいいんで、民主党は早く分裂してください。

正しい選択

予想通り始まりましたね。

X2と黒X1+X1の戦い。

どっちが強いか、決着つけようじゃないか。灰色は別の座標軸から参加しているようですが。

赤い方は、国民にとって一番必要な景気対策は見守るだけで何もせず、戦いは命をかけるという。

国民が正しい選択をしない限り、こんなばバカなことが延々と続くんでしょうね。


支部長からメールをもらいました。
-----------------------------------
政党研修「『小沢一郎の本心に迫る』-守護霊リーディング-」(約110分)緊急拝聴会
8月28日(土)13:00より衛星配信を行います。
-----------------------------------

幸福実現党の逆襲がはじまる―これで黒いのは封印じゃ!

追伸
コメントを頂いたみなさん。ありがとうございます。
ここ最近、時間がなく、記事を書く方法を優先しており、レスが出来ずに本当に申し訳ありません。
コメントは必ず読んでいますので。。

冗談で済むか

ここ数日の管総理のコメントを拾ってみました。本当に呆れるコメントが並びますね。こっちがイライラしてしまいます。国民はどう思っているのでしょうか。こんな首相、ほんと冗談では済みません。

1.菅首相発言 「自衛隊最高指揮官」知らなかった
->自分の仕事の役割・責任を良く知らないまま、総理になられたようです。

2.菅直人首相は23日朝、円高や景気減速への懸念が強まっていることを受けて、日銀の白川方明総裁と約15分間、電話協議した。政府は追加経済対策の検討に入っており、外国為替市場の動向など金融経済情勢について「政府・日銀が緊密にコミュニケーションをとることが極めて重要」との認識で一致。今後、首相と総裁が直接会談し、意見交換する見通しだ。
->コミュニケーションをとってどうするのか?コミュニケーションと円高・景気は関係ないですよ

3.菅首相は記者団に対し「中小企業にはどういう人が採用できるかという心配もある。(試用期間を設けて雇用する)トライアル雇用がしっかりできれば、企業も採用しやすくなる」と述べた。さらに党代表選を視野に「雇用・経済の問題は誰が政権を担当しても最も重要な課題。私は一日たりともおろそかにしない
->現状では、中小企業は、景気や資金繰りの方が優先でしょう。景気が悪ければ、雇用は生まれません。。。一日たりともおろそかにしない。なにを?意味不明です。。。

4.菅直人首相は23日、円高や景気減速を受けた追加経済対策の策定に関連し、「経済界、労働界、党からも意見を聞きたい」と記者団に語り、幅広く要望を聴取する考えを示した。25日に日本経団連など経済3団体と経済情勢について意見交換する方向で調整している。連合からも話を聞く予定だ。民主党も同日の政策調査会で26日にも党の提言をまとめる方針を確認した。菅首相はこれらの意見を踏まえ、9月上旬にも対策を策定したい考えだ。
->老人クラブの会合ですか。主体的な考えや、アイデアは何もないようです。

5.野田財務相は会談後、記者団に「市場の動きを注意深く見てほしい」との指示があったことを明らかにした。対策については「規模の話はしていない」とした上で、「よく首相と相談しながら考えたい」と語った。
->夏休みの宿題じゃないんですから。今日は下がった、明日はあがるかも、財務大臣は市場の観察日記でも付けて総理に報告するんでしょうか。

6.首相は「3年間、腰をすえてやっていく政権運営でなければいけない。3年後に衆参のダブル選挙をやればいい」と述べ、当面衆院解散はしない考えを表明した。また、小沢一郎前幹事長について「小沢氏がいてくれたから政権交代をなし遂げることができた。もっとも独特な個性を持っている政治家だ。みんなが前向きにやっていけるような形が党に必要だ」
->3年も腰をすえてなにをやるんでしょうか。これも意味不明。この件については、丁寧にお断りさせていただきたいです。なぜかって?3年もやられたら日本が本当に中国の属国になってしまいますからね。

7番目そして7周年

クイズです。
2010年8月22日は、何の日でしょうか?


答:広島支部精舎落慶7周年記念日です。

聞くところによると、7番目に出来た支部精舎だそうです。

女神が集い、数々の支部を分光してきた母なる支部。
初めて訪れる人は、礼拝室の精妙な波動に驚くとか。。。

これからも地域の光となり、輝き続けてください。





未来創造の経済学①

「未来創造の経済学」の読後に感じたことを、書いてみたいと思います。
話が長くなるので、第3章(シュンペーター)だけですが。。。

P135
馬車全盛の西部劇の時代に「大陸横断鉄道を敷く」といったら、最初はだれもが「ばかげている」と思ったはずだ。「馬車のほうが、いいにきまっている。...」

結局、いまの延長線上でやってもダメなんです。遺伝子を改良して最高の馬を準備し、最高の技術を使った馬車を創っても、鉄道には負けてしまうわけです。


P138
「幸福実現党は、国家としての『新しい富の創造』に全力で取り組む。未来に富を生むような、産業あるいは発明・発見に対して、積極的に支援する」ということを、はっきりというべきだ。

未来産業の芽になるもの。。これについては、徹底的に調べ、データベース化しておくべきでしょう、どんなシーズ(種)があるのか?それは誰が研究しているのか等。きっと信じられないくらい出てくるはずです。
幸福実現党としても、持っておくべきだと思います。一般の人への説得力が違ってきます。

その昔、トヨタがハイブリッド自動車を開発するにあたり、日本中を回って、すぐれた技術を持つ企業を調査したということを、トヨタの人から聞いたことがあります。それが、ハイブリッド車をいち早く量産化できた大きな要因の一つであるともいわれています。また、そのときトヨタの目にとまった、センサーを製造していた小さな会社(町工場)は、今や、モーターのセンサーの製造・開発で世界的な企業になっています。


P140
だから、イノベーションに次ぐイノベーションなんだ、これをやらなければならない。

先ほどの馬車の例がありましたけど、今の延長線上でいくらいじってもダメなものはダメなんですね。新しい発明・発見で、現状の矛盾に見えるものを、ブレークスルーにより、新しい段階に引き上げ、新たな発展を可能にすることが重要です。
そのためには、イノベーションを可能にするもの(発明、発見、新たな技術、新たな手法)を常に探し求めなければなりません。

第3章の第1節がここまでです。第2節はその②で書くことにします。下の記事を見てください。


未来創造の経済学②

続きです。
---------------
P147
今、「異質なものの結合」という、懐かしい言葉をお使いになったけれども、宗教で経済系の霊言を出すことは、まさに、「異質なものの結合」だよ。
P153
みんなが、心して、「異質なものを結合させていこう」と努力すると、新しい価値が必ず生まれてくる。

これが、イノベーションということですね。第2節は企業家の条件について述べています。イノベーションができなければ、企業家の条件は満たせないということでしょう。

P156
「販売はマーケティングではない。マーケティングとは、基本的に、販売を要らないようにすることだ。つまり、お客が自動的に求めてくるようなものをつくれば、それ自体がマーケティングなんだ」ということだね。

これば、P.F.ドラッカーがいっているところのマーケティングの目的の定義のことですね。
マーケティングの究極の目的は、セリング(販売)を不要とすることだ。by P.F.ドラッカー

P159
時代が求めているものを発見し、それを提供すること。これがマーケティングであるわけなんだな。

P.コトラーもびっくりの定義でしょう。マーケティングをやっている人には、目が覚める言葉だと思います。この言葉を深く考えれば、新しいマーケティングの手法が発明できるかもしれません。

P161
幸福実現党という政党が、天上界からの啓示を受け、それをバックボーンにして政策をつくるなんて、もう驚天動地のことだろう。これは、ある意味では、「超古代返り」ではあるけれども、それと同時に、「超未来型」であるわけだな。つまり、昔の神様がしたくても出来なかった指導を、今の時代シチュエーションのなかでは、やることができるということだ。

こうなったら、あらゆる分野で、「超未来型」を目指さなくてはいけません。幸福の科学の会員の人は、精舎にこもってインスピレーションをたくさん受けるようにしないといけません。


P170
「宇宙人が必要としているものは何だろうか」ということを考えれば、未来産業のもとが見えてくると思う。

これは、いろいろ考えることができますね。いまある全ての産業が別のものになるかも。。。。

P164
やはり「企業家はつくれる」と思わなければいけないね。中略...「与えられた仕事だけは、ガーッとやれるが、それしかできない」という人間ばかりをつくってはいけないんだよ。

企業家の条件。。。やはり、リーダーとしての資質が重要なんだと思います。義務感や責任感で仕事をやる。。これはリーダーに必要な資質というよりは、リーダーについていく人(フォロワー)として必要なものだと思います。企業家は、それを越えて行動できる人、情熱や、人には理解できないような理想や、それらに対する強い確信を持って素早く行動できることが、条件のひとつではないかと思います。
やはり、そういった資質をもつ若い人をつぶさずに、育てていかなればなりませんが、今の日本の教育は、それらの才能を持つ人たちをつぶしているようにみえますね。

--------------------------------------
以上、ページ数にして約40ページの内容ですが、大変奥が深く、読むのに時間がかかってしまいました。シュンペータ氏の本を読んでいたので、書いてある言葉、一言一言に考えがおよび、昔読んだ色々な本を引っ張り出してきて読んでみたりして、時間がかかりました。

幸福の科学の本は、平易な言葉で書いてあるので、読んでわかった気になるのですが、実際、さらっと読んだだけでは、ほとんどわかっていないのかもしれませんね。本当にもったいない。。。



FC2カウンター
プロフィール

ヒカリアン

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。