HOME   »  2011年05月
Archive | 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月22日「菅首相退陣を求める広島デモ」

「菅首相退陣を求める広島デモ」に参加してきました。

「原発は必要だ!」「菅首相退陣!」などのデモは、広島では初めてではなかったでしょうか。
デモの終着は原爆ドーム前でした。
これは画期的なことだと思います。

御存じの方も多いと思いますが、原爆ドームがある平和祈念公園の、原爆死没者慰霊碑の石室前面には、
「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と刻まれています。

良く見るとこの日本語は変じゃないでしょうか?

かつて、バール判事が、この慰霊碑を訪れた際、原爆を落としたのは日本人じゃない。日本人が日本人に謝罪している。と指摘しました。

主語が良くわからん。一応人類全体と言うことになっているということですが。
原爆を落としたのは、米国であり、彼らの責任でしょう。中東の人や、アフリカの人や、南米の人に責任はありますか?

広島の平和運動は、原爆の悲惨さのみ訴えていますが、世界に対しては説得力もないことは明らかです。
ヨーロッパに出かけて、悲惨さを訴えても、「そんなことはわかっている。あなた方の平和運動はわれわれの平和運動とどのように違うのか?」
中東に出かけて、悲惨さを訴えても、「我々も戦争でたくさん死んでいる。原爆で死ぬのとどう違うのか?」
これらの疑問に答えることができないままに終わっています。

そもそも、世界の紛争の原因は、宗教対立にあるわけで、どちらが正しいか争っているわけです。
原爆について、何が正しくて、なにが間違っているのか説明できない時点で世界に対して説得力ゼロです。


元市長の平岡氏は、アジア大会を広島でどうしてもやりたかったようで、悲惨さを訴えるだけでは通用しないことから、特定のアジアの国の支持を得ようとして8月6日の平和宣言でアジア諸国に謝罪しました。
この時点で、広島の平和運動は、自虐史観をベースにしていると宣言されたわけです。
さらに、平和運動の柱の一つが平和教育です。すなわち、広島では、小学生から大学生まで平和教育のプログラムを数多く用意し、取り組んでいますが、その根底に流れているのは自虐史観ですね。

日本が悪くて落とされたなら、自業自得じゃないのか?
結局、何をやろうが、碑文に刻まれている文字を変えない限り、世界に通用する平和運動にはならないと思います。

何が正しくて何が間違っているのか。
なぜ宗教間で対立があるのか。そして戦争ばかりしているのか。
その答えを世界の人は求めていると思います。

民族間の考え方の違い、そのベースとなっている宗教の違いも根源は一つ。
根源から出ている教えを理解することで、立場の違いを理解し、違いを乗り越え一つになることはできるはず。

これらのことを強く訴えることのできる平和運動に変えたい。

広島に住む幸福の科学の会員として、強く願っていることです。
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。