HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  学校・教育  »  息子の塾選び

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の塾選び

家の公立中学の3年生になった息子の話です。
受験生なのに全然勉強しない、家ではネットでゲーム三昧。現状、学校のテストではそこそこ良い点数が取れているようですが、逆に、そういう状態なので、このままでは、地元のトップ校はもちろんダメ、2番手校も怪しい、3番手校に行ければいいか、というような状態になってしまうように、私には見え、危機感を感じていたのでした。
業を煮やした私は、とうとう彼に怒り爆発、勉強したくないなら、高校など行かずともよい、自分でこれからどうするのか考えて私に報告するように、ときつく言い渡したのでありました。

そもそも彼と彼の周りの同級生の価値観・態度はこんな感じでしょうか。
1.努力する=地味=かっこ悪い。
2.適当にやればなんとかなるさ、みんな適当にやっている。
3.勉強しなくてもテストでそこそこ点をとればいんじゃないのか。
4.先生を冷静に見ており、嫌いな先生に対して、いろいろ批判し、さらにその先生の科目も嫌いになる。

息子と私を比べると、地頭、体力すべて彼の方が優れているのに、頑張らず、目標も低く設定、また勉強においては、プロセスを重視せず、結果のみにこだわるその姿が、全く残念でならないのですが、まあ、仕方がないんでしょうか、今はあきらめております。こればかりは本人が気付かないとダメですから。

ということで、それから一週間後、彼は、私のところへ、XX塾に行きたい、ここなら頑張れるかもしれないので通わせてほしいと言ってきました。
彼なりに友達にきいて、調査し、選んだようです。

ということで、彼の意向を尊重して、その塾に通わせることにしました。

入塾時の塾長との面談の時感じたのは、学校の先生と勉強に関する考え方の落差が大きいのではないかということです。

1.目標設定の重視
2.子どもの可能性を信じること
3.指導方法の研究、入試に関する情報収集
4.そして、仕事に対する情熱

中学校の担任の先生と何度か三者懇談で話したことがありますが、上述のポイントにおいて、余りにも差がありすぎるんじゃないのかと感じています。

ちなみに我が息子の通う中学校は、周辺の公立中学校と比べて、学力レベルが低いとのこと。当たり前の話ですが、塾は、生徒が通っている中学校の定期テストの問題は、必ず分析し、年度や中学校別に比較していますね。問題がある先生は、塾に聞いてみるとわかります。
私も以前、息子が一時期通っていた塾で、子どもが文句を言っていた先生の教科について、質問したことがありますが、一発で答えが返ってきますね。
私:「うちの息子の▲▲教科の中学校の定期テスト問題はどうですか」
塾:「大変かわっていますね、いろいろ問題がありそうです」
こんな感じです。

また、広島市内の公立高校は、学区外からの受験が可能になったため、市内中心部の3校に人気が集中して、この数年、難易度が大幅にアップしているとのこと。この傾向はこれから続く。

ちなみに、塾長との三者面談を受けた息子の感想は、「あの先生は、お父さんと同じことを言っていたね」でした。わかっとるんなら、日ごろの態度をかえろよ と文句を言いたくなりましたが、そこは受け流しておきました。まあ一年後、どこかの公立高校に合格してくれればいいのですが、どうなるんでしょうかね。
スポンサーサイト
Comment
ヒカリアンさん、お子さん、高校受験生なのですね。
うちの娘は、来年、大学受験生です。
お互いに親としては、実に悩ましいですね~。

うちの娘は、地元の国立中学でしたが、一応、中学受験して高倍率の中、運良く合格したのですが、感想として、公立中も国立中もダメですね。

子供の中学は、学年の半分くらいは、地元のトップ校に進学するほどの実績を上げていますが、ほとんどの生徒は塾に通っていて、塾の力で合格しているようなものです。

受験学年の生徒に嘘を教える社会の先生がいたり、教育実験校でしたから、中1の生徒に灘中学の問題解かせたり、教科書を無視した授業や定期テストの問題に頭を悩ませていました。

現在、娘は公立トップに通っていますが、公立高校の自由放任な校風にすっかり染まってしまった娘の姿に、後悔しています。

未だに、生徒に「高校4年生(浪人合格)を薦める高校があるのが、時代遅れの考えだと思います。

授業料が安いのは助かっていますが、もっと、勉学面で鍛えてくれる私立高校に進学させた方が良かったと思っています。

お子さんの受験、応援していますね。
頑張ってください。
うちは、第一志望のレベルが高いので、このまま行けば、浪人です。(笑
Re: タイトルなし
ミントさん

コメントありがとうございます。ブログ見ました。
ミントさんの娘さんはたぶん優秀なんだと思いますが、それだけに選択肢が増えて、悩ましいですね。また、学校も世の中とのギャップがあり、頼りになりません。こればっかりは親が変わってやることもできませんし。ハラハラしながら見守ってやることぐらいしかできないのかもしれません。
いえいえ、努力精進したのは、小中生までです。
それは、ひとえに塾のお陰ですね。
高校に入ってから、学校の影響って多いですよ。
選択肢はそれほど有りません。

高校に入って、さっぱり分らなくなった数学を克服しないと、どうにもならない切羽詰まった状態ですが、本人には、未だ、そういう自覚が有りません。

総裁先生の本にも指摘されているように、今の公立高校の先生達って守られています。
全てに甘いです。
高校選びは難しいですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ヒカリアン

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。