HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  幸福の科学  »  危機に立つ日本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機に立つ日本

4月18日の御法話『危機に立つ日本』講義&「質疑応答」を聞いてきました。
「危機に立つ日本」の本、英語のタイトルは、Japan on the verge of crisis となってます。the verge of ,すなわち、いま、沈没寸前、破滅寸前の状況に日本はおかれているということです。

鳩山首相の話もありましたが、こんな首相を選んだ日本人は本当に愚かです。
ワシントンポスト紙に、不運で愚かな首相と書かれていたようですが、本当にその通りですね。

アメリカは、日本に対して不快感を持っている。では、日本に対する嫌がらせとして、どこを攻撃するのが効果的か?
まずは、日本を分析してみる。経済的な成功が日本の強み、それであれば、その象徴のようなところを攻撃する。これは、トヨタでしょう。
これでもわからなければ、次の手を繰り出してくるはずです。次はどこでしょうか?いやがらせはどんどん、ヒートアップするはずです。

欧米人は、狩猟民族ですから、山の上から360度見回して、獲物のいそうなところを探し、探し当てたらそこに集中するのです。対して農耕民族は、目の前の土地しがみつき、まわりを良く見ずに、作物を育てていこうとします。
鳩山首相は、アメリカに留学したことがあるのに、そのようなアメリカ人の考え方も理解ができないし、ましてや、全体を俯瞰して物事を考えることができないように見えます。

いま、気づいて、軌道修正すれば、なんとかなるかもしれません。でもわかっていないようです。安全保保障は最優先事項であることや日本が置かれている安全保障上のリスクが理解できていない。ほんとうにこの人は、救いようがありません。

もう、大中華帝国の足音が聞こえてきています。彼らの黒い野望をくじくことができるのか?それとも日本がチベットのようになり、更に世界も、自由のない唯物論の国に蹂躙されてしまうのか。。
総裁は、未来を変えるのは、人材にかかっているといわれました。そのような人材が、眠っているのなら早く出て来てほしい。これは心からの叫びです。
大中華帝国とその指導者については、チャーチルの霊言で明らかにされるようですが、こちらも必聴ですね。

相撲に例えれば、日本は、徳俵に足がかかり、押し出される寸前の状況、それを考えれば、適材適所で、現時点、必要とされる能力を持つ方が幸福実現党の党首になり、戦っていかなければならないはずです。
今回、幸福実現党の党首が交代されました。でも、状況を考えれば、党首交代は逆に必要なことかもしれません。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ヒカリアン

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。