HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  幸福の科学  »  日米安保クライシス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米安保クライシス

鳩山総理の判断で、とりあえずクライシスは回避できました。ただしこれからどうなるか、油断はできません。

この本、読んだ後思いましたね、丸山眞男、こんな感じのおっさんたくさんいるんじゃないかと。
高学歴で、大会社の役員や高級官僚、大学教授で社会的地位も高い人によくいるタイプの人と同じような雰囲気、話をした時に感じるあのいやな感覚を思い出してしまいました。

私が感じるその人たちの特徴は
1.人の判断基準は、頭の良し悪し
ここでいう頭の良し悪しとは、学校のお勉強ができたかどうかです。
2.あの世とか宗教の話になると否定する
突っ込んで質問したりすると、おまえは頭がおかしいんじゃないかというような態度で、怒り出したりします。
あの世とか、宗教の話になると、突然、フルフェイスのヘルメットをかぶって、何も聞かないというような感じですね。
3.宗教を否定する割には、道徳心がある
なぜか、小さな道徳心は持っています。神仏を否定するのに、どうしてそれが信じれるのか、逆に聞きたいくらいです。

さらには
4.朝日新聞を読んでいる

こんな感じでしょうか。

人間を、この世的な価値基準のみで判断しようとする、その価値基準も学校のお勉強の成果が大きな部分を占めている、それって小さすぎないか?
なぜ、自分がそのような判断をするのか、価値観を持っているのか、またそれが本当に正しいものなのか、深く考えたことがないのでしょう。

人間の価値基準を深く考えていくと、結局は宗教的なもの、さらには、信仰心につながっていくのではないでしょうか?

宗教的なものを否定する人の価値観は虚しいものですね。この霊言を読んでつくづく感じました。








スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ヒカリアン

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。