HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  幸福実現党  »  あまりお変わりになっていなかった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりお変わりになっていなかった

仙谷由人官房長官は29日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、中国側が船長の釈放を求めて態度をエスカレートさせてきたことについて、「20年前ならいざ知らず、(中国は)司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と述べ、自身の見通しの甘さを反省した。

 仙谷氏は13日に船長以外の乗組員14人と漁船を中国に帰還させる際、「違った状況が開けてくるのではないか」と中国の姿勢の軟化に期待感を示していたが、実際には逆に中国は一層、態度を硬化させた。

 仙谷氏は29日の会見でこの発言について、「領事面接の便宜取り計らいや14人の世話を通じた報告で中国側も理解してくれるだろうと判断していた」と釈明。その上で「司法過程についての理解がまったく(日本と中国で)異なることを、もう少しわれわれが習熟すべきだった」と語った。産経新聞 9月29日(水)
----------------------------------------------------------------
「20年前ならいざ知らず、(中国は)司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」

->なんで敬語なのか?それに中国に対しての認識が??共産主義の国ですよ。。


「司法過程についての理解がまったく(日本と中国で)異なることを、もう少しわれわれが習熟すべきだった」
->なんで司法の理解の問題なのか?安全保障の問題だろう。それになぜ中国が日本の司法を理解しなければならないのか?彼の頭の中ではすでに中国は同盟国になっているらしい。
われわれが習熟?->あなただけですよ。

本気でこの人は、こんなことを思っているのか?自分のポジション・責任を理解した上での発言とは思えない。
ひょっとして、筋金入りのバカですか。。
あいた口がふさがりません。

管もダメだが、仙石もそれ以上にダメ。日本のツートップがこのありさまでは、本当に情けない。
日本のために、早くふたりともやめてほしい。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ヒカリアン

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。