HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  経営  »  TPPの重要性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPの重要性

私は、ここ何日かブログに書いたように日本はTPPに参加すべきと考えています。

反対の人のロジックはすごいですね。

今の民主党政権には交渉できる人がいない。
アメリカの陰謀だ とか。。

しかし、冷静に考えてみてください。
日本の強みは何か。
政治家等のトップクラスのリーダにはロクな人がいないかもしれませんが、現場からミドルクラスは世界最強でしょう。

となれば、どうすべきか。
今後、日本が今の豊かさを維持していく、あるいはもう一段の発展を目指し、世界のリーダになるべきと考えるならば、グローバルで活躍できる、企業や人材を増やすことが必要です。
そのための前提条件は、世界に出ていくときのルールを競争相手と同一にし、現場の力を競争相手と同じ条件のもとで発揮させるようにすることが重要でしょう。
そうすれば、製造業であれ、農業であれ、現場の力を世界で発揮できる企業や人材がたくさん出てくるはずです。

TPPに参加しなければ、日本だけ別の不利なルールを負わされることになる、すなわち世界に出ていくことが出来なくなるということです。

今の政権にはアメリカと対等に交渉できる人がいないとか言いますが、それならば、別に変な主張をしなくても良い。無理な交渉をせずとも良いでしょう。TPPに参加した国は、同じルールになるのです。

その中で競争すればいいじゃないですか。

参加しないことは、世界に出ていくチャンスを失うことです。

世界で活躍できる人材というリソースを日本はたくさん持っているはずですが、今回TPPに参加しないとなれば、政治が邪魔をしている、彼らの機会を奪っていることになるのではないでしょうか。

あと、アメリカの陰謀説がありますが、交渉に出てくるであろうアメリカ人のエリートは、日本人よりよっぽど信仰心がありますし(プロテスタントが多い)、公平さ(フェア)と言うことをとても重視する人たちです。彼らに誠実な態度で交渉すれば、日本だけ別の条件でTPPを締結するなんてことはあり得ません。
また、TPPの様なFTAは、参加した国がWIN-WINになるような枠組みを理想としているのです。そうでなければ、参加する国が増えるわけがありません。

日本の農業がダメになるという論点については、ヤル気のある人が、農業も高品質の物を世界に売り込んで行けば活路はあります。何せ個人のレベルは世界最強ですから、同じルールで戦えば成功する人がたくさん出てきますよ。
 戦略的に安全保障の観点から農業へのセーフティネットを構築しなければならない場合もあると思いますが、そのリソース(財源)を確保するためには、日本が今以上の強い経済を維持しなければダメでしょう。

今のまま何もしないと、製造業もダメになり、セーフティネットの構築どころか、現状の補助金漬けの農業は支えきれなくなるでしょう。

労働者約1000万人の規模の製造業の繁栄あってこそ、約60万人の農業(林業)従事者を助けることができると思います。

韓国を見てください。大企業が農業を人材や資金で支える仕組みを作っています。

TPPに反対している人は、冷静に、想像力を働かせて考えてみるべきだと思います。
スポンサーサイト
Comment
TPPに関して
こんにちは、ブログを拝見させてもらいました。私は経済学を勉強しており、TPPの記事を検索していた所、ここに辿りました。
おそらくですが、TPPに反対する理由はもっと他にあるかと。メリットの一つとして挙げられた自動車産業ですが、ここで言われている自動車産業の大半はトヨタ自動車だと思います。トヨタは昔から現地生産をこだわっており、その地域に合わせた生産スタイルを保っています。TPPによって、輸出関税がなくなり、自動車産業が大儲けになるという味方に関して、トヨタも日産もホンダも当てはまらないでしょう。
また米に関してですが、外国産の米はたしかに日本より安価ではあるが、輸入になった場合、関税がなくても送料、人件費などを加えて、コシヒカリより安くなるかどうか定かではないかと。もしブログ主が書かれたように海外で日本産コメを売ろうとした場合、現在TPPに加入している国を見てみると、アメリカと日本は全体のGDP7割を示している。つまり高級米を買ってくれるお客さんはTPPの中にいません。お客さんになりうる中国がTPPに入っていたらまた違いますが、まあ、無理でしょうね。
もちろんTPPを加入することによってメリットもありますが、メリットよりデメリットのほうが多いではないかというのは最大の懸念かと。TPP=グローバル化、いい意味で捉えるならそう思えるかもしれませんね。
Re: TPPに関して
TPPに関しては、いろいろな見方があるとは思いますが、同じ土俵で競争するという点、アメリカ側の自由主義陣営に属するという点で、メリットが大きいです。誤解してほしくないのですが、TPPをやれば大儲け、そんな理屈はないでしょう。

日本の自動車メーカーは現地化しているので、関係ないだろうというのは、賛成できません。
現地生産するために、どれほどのリソースが必要であるか(人、モノ、金)業界の方に聞かれるとわかると思います。
大変な努力をしているはずですよ。

その一部でも留保し、利益を上積みできれば、将来の商品開発、研究開発、マーケティング開発等にリソースを投入出来ます。
また、少し円安になっただけで、利益がかなり増えましたよね。国内で稼いでいる構造になっていることは容易に推定できます。言いかえると現地生産はもうからないということです。さらに、現地生産によって、日本国内の雇用が大きく失われています。
雇用確保だけでなく、利益確保の点からも、付加価値の高いものは輸出に回す事で、国内での生産を一定量確保する事は重要ではないですか。

他の国の競合会社との比較の視点が必要です。
日本のメーカーが現地生産に苦労している間に、新しい商品を早く市場に投入して、たくさん売ることが出来る。そして、利益を確保し、将来のための商品開発や研究開発等の投資に回せる。
これで、時間軸を含めた競争力という点でかなり有利になります。

お米のことについてコメントありましたが、今の状況で、日本人が、外国産のコシヒカリを買うとは思いませんよ。
それならば、これも、ルールを決めて、日本の農産物を輸出できるようにすればいい。
中国以外に高いものは買わないということはありません。
経済発展しつつある国に売り込めばよい。富裕層は新しいものを求めています。

TPPの議論とは離れますが、高級品の市場は、東南アジアでも大きくなっています。
マーケットのニーズに合わせ、売り方や商品を小改良すれば、最終的には、世界中(のある一定の層)に売れます。

TPPを結ぶか否かにかかわらず、日本は、世界とつながっています。
現状の経済的地位を維持していこうとすれば、日本全体の競争力を高めていかないといけないでしょう。
その点で同じルールで競争していくということは重要です。
さらに重要なのは、経済と安全保障は大きくとかかわっているということです。

もちろん、現状維持がよくて、競争もいやだからということで、孤立の道をすすむこともありでしょう。

その場合、米国との関係とのトレードオフで、日本に対する中国の影響力が大きくなり、最悪抑圧されて貧乏に暮らすようになる未来のリスクが大きくなると思いますが。。。。









Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

ヒカリアン

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。