HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  幸福の科学  »  グローバルで通用する人材とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバルで通用する人材とは

数日前の日経新聞に日産自動車の役員の方のインタビュー記事が出ていました。

日産自動車が考えるグローバルで通用する人材とは何か?
「異なった意見や考え方を理解できる多様性があり、共通の言語やプロセス(手順)、ツール(手段)で仕事をこなし、成果を上げられる人材だ。多様性の中に、チームワークやフレキシビリティー(柔軟性)など日本の培った強みを併せ持つ人材の育成を心がけている」

この記事を見てシンクロしたのですが、御法話「幸福の科学学園の目指すもの}の中で、

英語教育の大切さ
異質な目を持つこと=神仏の目で見れる=信仰が大事

すなわち、異文化の理解(多様性)と英語力(共通な言語を使えて仕事が出来る)の重要性について、総裁は話されていました。

異なった価値観、多様性は、宗教の違いがベースにあります。
学園生は、幸福の科学の宗教教育を受けています。
幸福の科学は、異なった宗教の違いを理解できる寛容さと、それらを包含、統合する教えの体系になっています。

プロセスやツールの部分は習得はさほど困難ではないと思います。社会人になって、会社や仕事で比較的容易に習得し、使えるようになると思います。

しかし、現状の日本の学校教育を見る限り、英語力や異文化理解については、全然ダメでしょう。

学園生は、英語力、信仰(異質な文化への理解力)に加え、使命感、感謝の心を強く持っている。

グローバル企業が期待する人材の要件に対して、少なくとも日本で一番力を入れた教育が学園で行われています。それらの企業から学園の卒業生をみたとき、どう感じるか?他の学校の卒業生と明らかに違いが出てくるはずです。

学園によって、世界レベルでの教育改革、教育革命が起こる。これは、われわれが目の当たりにする事が出来る近い将来の現実かもしれません。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

Author:ヒカリアン
FC2ブログへようこそ!
生まれも育ちも広島、今も広島に住んでいる平凡な会社員です。
プロジェクトマネジメントに興味あり。幸福の科学の会員です。
発想はグローバルに、理解はコンセプトから、を心がけています。

検索フォーム
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア

日本占領 │ ザ・リバティweb 特集「ファイナル・ジャッジメント」
宗教法人幸福の科学 宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ 大川隆法 講演会サイト
カテゴリ
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。